爽やかな日々(多分)

毎日がそうでありたい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
赤塚不二夫先生の葬儀で、弔事を読んだタモリ氏。
手にした紙が白紙とのお話が出ていますね。

違うかもしれませんが勝手に解釈してみました。

もともと記憶力のある方ですので、長文とはいえどおぼえるのは可能かと思います。
私、個人的には紙に書いた言葉は自分で書いても読み上げると少し作られた感じがして、
嘘ではないですが何か恥ずかしいというか、何か違った感じがするので、
赤塚不二夫先生に対して語るつもりで弔事を読んだのではないでしょうか。

紙は手にする事で気をそらしているのではないでしょうか。
正面切って読むと泣けて読めなくなりそうで。


「・・・私はあなたに生前お世話になりながら、
 一言もお礼を言ったことがありません。
 それは肉親以上の関係であるあなたとの間に、
 お礼を言う時に漂う他人行儀な雰囲気がたまらなかったのです。
 あなたも同じ考えだということを、他人を通じて知りました。・・・」

お二方の関係がとても伝わるお言葉でした。

そんな事を考えながらタモリ氏の弔事の全文を読むと泣けてきました。
他人の葬儀のニュースを見て泣けたのは初めてかもしれません。

まぁ、勝手な解釈ですけどね。
本当の理由はご本人しかわからないですし。
他人は勝手な推測しかできませんし。

見事に勘違いだったらこっぱずかしいね!

収納ケースの中でも一番お気に入り。

閉まった感があっていい。
引出しもスムーズで軽い。
スタッキングができる。
キャスター(別売)がつけられる。

無印のPPケースもいいけど、
引出しの軽さと閉まった感には劣る。
見た目は無印が勝る。

個人的な意見です。

引越で困らないであろう奥行き55cmが個人的にオススメです。
このタイプはそれぞれ幅35・40・45cm、高さ20・25・30cmの9種類あるそうです。
(※フィッツユニット(L)という奥行き74cmもあります。
 こちらはそれぞれ幅39cm・44cmと高さ18cm・23cm・30cmの6種類)

押し入れ収納からクローゼット収納先にお引越した時に痛い目に遭いましたので
コレに限っては小さい方が使いやすいかと個人的感想です。
とはいってもクローゼットの奥行きはまちまちですけどね。

        

一度出費するとすごいね、出て行くね。
湯水の様に出て行くね。
なくなる時ってのは一気ですね。

びっくらこいた~ 泣きたくなあ~った~♪


・゜・(ノД`)・゜・。

で女子部三位らしいですよ、

フルーツバスケット

大人買いしたかいありましたってな位泣いたもんね!
  
でも、あれはちょっと独特かもなぁ。
内面的な要因が多い。
悩み多い時や自分の存在等に悩む年頃は涙するね。

自分が泣いたのだって、

           ┌───────────────────────────┐
・゜・(ノД`)・゜・。< そうそうコレ、あの時の気持ちだよ!代弁ありがとう!  │
           └───────────────────────────┘


そんな感じでしたもんね。

過去に大きな傷っつう大げさなものはないが、
それなりに悩んだ時期もあり、
いい大人になり忘れてたんだけど、(厳密に言うと”蓋をした”)
思い出すと蓋を開けたかのように涙が止まらない、
止められない自分に驚いたよ。

翌日は見事に目が腫れてたしね。(手の施しようがなかった)


この記事のコメント欄で、

        ┌────────┐
チキショウ ヾ( `Д´)ノ < ○●がなーい!│
        └────────┘

とかそゆコメント見ると、
そゆコメントが埋もれた名作発掘させるのだから、
もっともっと主張したって!とか思う。

機会があれば読んでみたいと思う参考になるしね。

個人的には”CIPHER”とか好きでした。成田美名子 氏の作品。
個人的にはこの方の絵が好きでした。
カラーを見た時に洋服の布の繊維感の表現にすごいなと思ったり。

最初の購入動機は

自分の好きな歌手(洋楽)の曲がBGMとして書かれていた事なんだけどね。



最終的にはハマって購入損しなかった漫画でしたけどね。
悪役いなくてもいいじゃん。
実人生の中に悪人が出てくる事なんて・・・いても一時期だし。


最近のドラマは漫画からの作品が多いですが、
それぐらい漫画というジャンルに秀作があるという事でしょう。
また大人買いしたくなる位の漫画に出会えるといいなぁ。
photoshop6の事ですよ。
欲しー。星ー。

これで色々写真加工ができる。
まだ先だが年賀状もラクになるなぁ。
欲しいなぁ。

でもソフト重たくてフリーズとかだと意味なし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。