爽やかな日々(多分)

毎日がそうでありたい。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もう4年になるでしょうか。
京都にお引越して知人もなく、頼りはネットという状況の中、

美味しいお店と素敵な場所見つけるぞ!

と意気込んで検索を続けた日々。
そこで出会いました、こちらのブログ。


パンが無いならケーキをお食べ。
(※現在サイトは移転しております。過去ブログです)


タイトルに魅せられました。
☆月の尻尾がブンブン振れましたよ。

ブログを読むとこれまたおもしろい。
文章も楽し、そして写真の構図も素敵。

何よりも


手作りのお菓子達の美味しそうな事。


時々の市販のチョコやらケーキもあったり、
朝食の写真、お弁当の写真があったり。
ご本人絶賛のカボチャプリンを一度ご賞味したいと思いながら読み続けておりました。

そして、そのブログの主のarinko1224さん(以下、arinkoさん)が
週に一度、月曜日にショップをオープン。

こちら。(大阪梅田「ほなな」)


くーーーー。京都から離れちゃったよーーぅ。

残念無念。
大阪の既に音信不通になっているお友達(コレをお友達と表現していいのかどうか)に
是非に食べに行ってもらいたいものだ。
てか、行ってそう。
「私も知ってたー」とか言ってそう。(ネッターの威力)

そして、arinkoさんがウェブショップをオープン。

Sugar Tooth

数種類のジャムとスコーンが販売されております。
是非とも、マカロンとかも販売して欲しいなぁとか思ってますが、
お一人でされているので無理かもなーと。

購入しようと思ってショップを閲覧していると
既にスコーン売り切れの文字。



○| ̄|_



まさに、↑状態。
なんてこったい出遅れるとは。

ジャムだけ購入しようかと思ったけど、
送料だけでも商品1個分かかるので、
やはりスコーンが再販されてから買う事に。


そして、ついにきました。


Sugar Toothさんから届きましたよ。
一つ一つ丁寧に梱包されてきました。
ついでに、ヤマトの運ちゃんも丁寧に両手で商品の箱を抱えてましたよ。

破損なしでしたよっ。
お疲れさまでしたっ。

と、心の中でarinkoさんに言ってみました。

さて早速…。

はっさくのマーマレードとスコーン。
はっさくマーマレードとスコーン

商品と同梱でスコーンの食べ方を書いた説明書きが入ってました。
が、あえて一つはストレートに焼かずに食べてみました。
スコーンのパサパサ感はなく、ほんのり甘めのスコーンでした。

飲み物なしでもでも全然食べられるなぁ。

そして2個目は説明書き通りに半分に割って食べてみます。


ウマっ。




トーストした方が格段に美味しいです。


外は薄くカリッとして、中はふんわり。
美味しさ実感する為には☆月の様に食べ比べしてもいいかもです。

はっさくのマーマレード。
まず、色が綺麗。
インクの小瓶みたいに色が綺麗。(インクの小瓶なんて持ってないけど)
はっさくの酸味があるかと思いきや酸味はなく、
ジャムと称するに甘く、
そしてマーマレードと称するにほろ苦さあり。
酸味がないのでこの苦さがないとはっさく感はないだろうなという感じで、
絶妙なバランスでございました。
届いてすぐに開封したせいかもしれませんが、
粘度が少し緩めと思われるジャム。



ウマっ!



ジャムをスコーンに塗って
スコーンにジャムをつける





食らう



旨しっ!


たまたま作った自作似非フレンチトーストにジャムを。
似非フレンチトーストにジャム



旨しっ! (マーマレードが)


既に瓶の半分を消費。


その他に章姫のジャム、伊予柑のマーマレード、はるみのジャム、三宝柑のマーマレードを購入。

どんだけ喰うねん!

そんなツッコミを心の中でしながらポチッたけど、
結構早く完食しそうです。


もうちょっとスコーンを買い足せばよかったなぁとその辺を後悔。
が、あの早々完売状態を見ると、大量購入するのは気が引けるので
もうすこし日が経ってから購入する事にしようかと。
(といっても5セット購入しましたけど)


やっぱり送料と手数料が痛いなぁ。
今後カード払いに対応したとしてもカード払いが嫌いだしなぁ。

いつかショップに行けるといいなぁ。

そんなarinkoさんのブログ移転先がコチラ
サブタイトルが


パンがないならジャムとスコーンをお食べ。


やっぱり好きだなぁ。

 
スポンサーサイト
スーツケースの小さいヤツが欲しくて購入したはいいが、
基本荷物持ち(←荷物が多い)には少々小さすぎた。
やはりこの(↓)一つ大きいのを買えば良かったと少々後悔。

     

まぁ、A4サイズの物が入るからなんとかなるけどさ。
まったく一人だったら十分いける程度。
家族のを一緒にいれてあげようとかにはならない大きさだった。

    ↓購入したのはコッチ↓

     

折り畳みバッグ付きじゃない方だったけど。
(せっかくなのでお得そうな方をリンクしといた)
てかなんだこの企画物。
早く教えておいてくれよ。



良い点はキャスターが軽い。
ただ、軽いが故に少しの斜面で転がって行く事が難点。一長一短。
まぁ、舗装されている所に限るけどね。
土の部分ではそんな機能はあまり期待できるわけもないので。
その辺はご理解を。


この手のお買い物は大は小を兼ねる根性でしないとね。
値段高いとか気にすると、
値段以下の結果に終わってしまうのでね。

てか、大きいのが欲しいなぁ。


・・・買えないけどね!(力強く)

DSのソフトをまた購入。

『大合奏!バンドブラザーズDX』

大合奏バンドブラザーズDX大合奏バンドブラザーズDX
(2008/06/26)
Nintendo DS

詳細情報を見る


特にバンド経験もない私ですが、
音ゲーは気になってたんですよね。

できるかどうかは別として。


どんなもんかと思ってましたが、
やってみるとなるほどと。

コレは一人でするよりも複数で合奏する方が確かに楽しそうだ。

と、ね。

どんくさいので、なかなか上手くいきません。
故に例え合奏に参加しても足引っぱり確定です。

バンドってこんなんだろうなぁー。

てか、バーバラ(バンドブラザーズのキャラ)、
えいご漬けにも出てきてましたよね。

めっきりやってないなぁ。

楽天でカフェオリと略されて呼ばれているお店でアクセサリー購入。




ウワッ (; ´ Д`) 小せぇ!


以前からココは小さいと常々思っていたのだが、
今回は本当にびっくらこいた。
商品見た瞬間、頭の中は野菜カロリー計画のCMが無限ループ。

てか、コンデジで写真撮ったらピントがあわねぇよ。小さすぎてあわねぇよ。
マクロでもかなり引きだよ。
元々マクロに弱い機種ではあるが。

ボールチェーンのクロスモチーフなのだが、
クロスじゃなくてクリオネですってば。
ボールチェーンなので自在に動くのでホントにクリオネ。


今回、急にアクセサリーなんぞが欲しくなって購入したが、
もうココでは買いませんよ。決意したさ。

受注後の作成なので20~30日かかりますとあり、
早く到着するのはうれしいのだが、
でも10日はおかしいだろ。

一生懸命作りました!(実は在庫ありましてー…)てなパターン?とか疑うじゃんよ。
火のない所に煙は立たず。
見限ったよ。とりあえず、気になるものは一気に購入さ。

てか、ホントココの店の商品写真はすごいよな。
どんだけマクロなんだよと感心さ。ある意味脱帽。
まぁ、それでも身につけるからいいんだけどさ。金も払ったし。
増殖しました。ミニフィグが。

流石、コミュニティーワーカーズ。
全部にっこり。
頭だけがずらりとにっこり一袋は正直異様でした。

その上、
12月でもないのにアドベントカレンダー(2007年モノ)なるものも購入しましたので、
更にドーン。

アドベントカレンダーって結構ミニフィグが入ってるのねぇ。


・・・・・・。

           ┌──────────┐
・゜・(ノД`)・゜・。 <  サンタないじゃん  │
           └──────────┘

調査不足。てっきりあるものだと。
今年はアポってみようかなぁ。
サンタ欲しいなぁ。トナカイ欲しいなぁ(あるんだかしらないけど)

それにしても初めて利用したお店の
ホビーショップ・デジラ さんですが、
ミニフィグをおまけで頂きました。
感謝感謝です。

とりあえず、青バケツもあることだし、
早速破れたリーフレットを見ながらポチリポチリと作ってみたいと思います。
青の方が良さげですね。
赤よりもこちらの方が好きです。

        ┌───────────────────────┐
┐( ´ ー`)┌ <  創造性ないモンですから、          │
        │ でかいパーツでは何にも思い浮かびませんのさ。│
        └───────────────────────┘

・・・改良は得意なんですけどね。
ゼロから何も作れないタイプなものでして。

         ┌───────────────┐
(´ ー`)y-~~~ < 赤がダメなら青もダメだろが。 │
         └───────────────┘

そんな現実言っちゃあダメ。


学生時に、

「頭の中に思い浮かんだものを描いて下さい」

なんて課題は私には苦痛極まりないものでした。
なんせ頭の中は真っ黒でしたので。
そのまま真っ黒を描けばよかったと今では思いますが、
流石にそれはダメだろうと子供心に思ったものです。

今のレゴへの執着は創造力欠如の危機感からなのかもしれませんね。(今更)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。